マンガ大賞まであと一歩だった惜しい作品たちをまとめてみた

  • URLをコピーしました!

マンガ大賞は2008年に創設されたマンガ賞です。

特徴は何といってもマンガ好きの有志が集まって運営していることです。今「本当に面白いマンガ」が大賞を受賞することで賞への信用度が増し、有名な賞になっていきました。

そのようなマンガ大賞ですが、実は大賞を受賞できなかった作品も面白いものばかりです。

この記事では大賞を逃したノミネート作品に注目してみたいと思います。

まずはマンガ大賞の選考条件を確認してみます。

  • 前年に “ 新刊の単行本が刊行された、 最大巻数が8巻までの作品 ” が対象とのことです。
    • 週刊連載だと3カ月に1巻のペースで新刊が出ます。つまり2年で8巻
      2年経てば既に面白くなっているはず & 8巻というのは手に取りやすいギリギリの巻数、というのが理由のようです。
  • ちなみに、マンガ大賞受賞作は翌年以降除外とのこと。

以上の選考条件から読み解くと「毎年ノミネートされるも大賞を逃し続け、8巻を超えて選考対象から卒業してしまう作品」もあるわけです。

この記事ではそうした作品にスポットを当ててみたいと思います。

目次

大賞受賞作の振り返り

まずは歴代の大賞受賞作を振り返ります。 ( 2024年最新情報です )

初ノミネートで大賞受賞するパターンをストレート受賞と呼び、その逆で何度目かのノミネートで大賞受賞するパターンをリベンジ受賞と呼ぶことにします。

リベンジ受賞赤字 で強調してみました。

第1回 ( 2008年 )
岳 ( 石塚真一 ) / 掲載誌:ビッグコミックオリジナル ( 小学館 ) / 68P得票

ストレート受賞 ( 受賞時:5巻 )

第2回 ( 2009年 )
ちはやふる ( 末次由紀 ) / 掲載誌:BE・LOVE ( 講談社 ) / 102P得票

ストレート受賞 ( 受賞時:3巻 )

第3回 ( 2010年 )
テルマエ・ロマエ ( ヤマザキマリ ) / 掲載誌:コミックビーム ( エンターブレイン ) / 94P得票
第4回 ( 2011年 )
3月のライオン ( 羽海野チカ ) / 掲載誌:ヤングアニマル ( 白泉社 ) / 75P得票

第2回 3位 65P ⇒ 第3回 ノミネートせず ⇒ 第4回 リベンジ受賞 ( 受賞時:5巻 )

第5回 ( 2012年 )
銀の匙 Silver Spoon ( 荒川弘 ) / 掲載誌:週刊少年サンデー ( 小学館 ) / 76P得票

ストレート受賞 ( 受賞時:2巻 )

第6回 ( 2013年 )
海街diary ( 吉田秋生 ) / 掲載誌:月刊フラワーズ ( 小学館 ) / 89P得票

第1回 3位 43P ⇒ 以降ノミネートせず ⇒ 第6回 リベンジ受賞 ( 受賞時:5巻 )

第7回 ( 2014年 )
乙嫁語り ( 森薫 ) / 掲載誌:Fellows! ⇒ ハルタ ⇒ 青騎士 ( KADOKAWA ) / 94P得票

第4回 2位 55P ⇒ 第5回 ノミネートせず ⇒ 第6回 2位 78P ⇒ 第7回 リベンジ受賞 ( 受賞時:6巻 )

第8回 ( 2015年 )
かくかくしかじか ( 東村アキコ ) / 掲載誌:Cocohana ( 集英社 ) / 80P得票

ストレート受賞 ( 受賞時:4巻 )

第9回 ( 2016年 )
ゴールデンカムイ ( 野田サトル ) / 掲載誌:週刊ヤングジャンプ ( 集英社 ) / 91P得票

ストレート受賞 ( 受賞時:5巻 )
備考:週刊連載で刊行ペースが早く、1巻が出た年にしてラストチャンス

第10回 ( 2017年 )
響 〜小説家になる方法〜 ( 柳本光晴 ) / 掲載誌:ビッグコミックスペリオール ( 小学館 ) / 67P得票

ストレート受賞 ( 受賞時:5巻 )

第11回 ( 2018年 )
BEASTARS ( 板垣巴留 ) / 掲載誌:週刊少年チャンピオン ( 秋田書店 ) / 78P得票

ストレート受賞 ( 受賞時:6巻 )
備考:週刊連載で刊行ペースが早く、1巻が出た年にしてラストチャンス

第12回 ( 2019年 )
彼方のアストラ ( 篠原健太 ) / 掲載サイト:少年ジャンプ+ ( 集英社 ) / 94P得票

ストレート受賞 ( 受賞時:5巻完結 )
備考:唯一完結した状態で大賞受賞

第13回 ( 2020年 )
ブルーピリオド ( 山口つばさ ) / 掲載誌:月刊アフタヌーン ( 講談社 ) / 69P得票

第12回 3位 73P ⇒ 第13回 リベンジ受賞 ( 受賞時:6巻 )

第14回 ( 2021年 )
葬送のフリーレン ( 原作:山田鐘人 / 作画:アベツカサ ) / 掲載誌:週刊少年サンデー ( 小学館 ) / 91P得票
第15回 ( 2022年 )
ダーウィン事変 ( うめざわしゅん ) / 掲載誌:月刊アフタヌーン ( 講談社 ) / 74P得票
第16回 ( 2023年 )
これ描いて死ね ( とよ田みのる ) / 掲載誌:ゲッサン ( 小学館 ) / 102P得票

ストレート受賞 ( 受賞時:2巻 )

大賞受賞の全16作品のうち、4作品 ( 3月のライオン / 海街diary / 乙嫁語り / ブルーピリオド ) が2度目以降のノミネートでリベンジ受賞しています。

注目したいのは、いずれの4作品もラストチャンスだったというわけではないということ。

「ラストチャンスだから大賞を獲らせたい…!」という作用を否定するつもりはないのですが、それでもそういう後押しなしに大賞を掴んだというのは底力を感じます。

この4作の例外を除くと一度大賞を逃すともうそれっきりというわけです。

大賞を逃し続けた「惜しい作品」たち

それでは、何度もノミネートしたのに大賞を逃し続けた「惜しい作品」を挙げていきます。特に惜しい2位を取った作品はハイライトしています。

2回ノミネート作品

作品1回目ノミネート2回目ノミネートラストチャンス
とめはねっ ! 鈴里高校書道部第1回 8位 27P第2回 7位 43P第5回
宇宙兄弟第2回 2位 94P
( 8P差 )
第3回 2位 89P
( 5P差 )
第3回
ドリフターズ第4回 10位 35P第5回 6位 43Pまだチャンスあり
ボールルームへようこそ第6回 2位 78P
( 11P差 )
第8回 6位 40P第9回
ハイスコアガール第6回 4位 62P第10回 9位 33P第12回
BLUE GIANT第8回 5位 49P第9回 3位 68P第9回
約束のネバーランド第10回 6位 43P第11回 11位 26P第11回
凪のお暇第11回 3位 56P第12回 10位 25P第15回
ミステリと言う勿れ第12回 2位 78P
( 16P差 )
第13回 6位 54P第14回
違国日記第12回 4位 45P第13回 10位 31P第15回
メタモルフォーゼの縁側第12回 8位 38P第14回 8位 48P第15回
SPY×FAMILY第13回 2位 63P
( 6P差 )
第14回 10位 38P第15回
水は海に向かって流れる第13回 5位 56P第14回 4位 60P第14回
チ。-地球の運動について-第14回 2位 67P
( 24P差 )
第15回 5位 59P第16回
【推しの子】第14回 5位 59P第15回 8位 49P第16回

リベンジ受賞を逃した2回ノミネート作品は全15作品。そのうち2位を取ったのは5作品 ( 宇宙兄弟 / ボールルームへようこそ / ミステリと言う勿れ / SPY×FAMILY / チ。-地球の運動について- ) でした。

特に惜しかったのは「宇宙兄弟」です。

第1巻が出たのは2008年、翌2009年には8巻まで刊行、とたった2年しかチャンスがありませんでした。そのいずれのチャンスも2位。しかも超僅差

宇宙兄弟は小学館漫画賞と講談社漫画賞をダブル受賞した数少ない作品ですが、マンガ大賞は惜しくも逃してしまいました。

あわせて読みたい
小学館漫画賞&講談社漫画賞をダブル受賞した作品をまとめてみた 小学館漫画賞と講談社漫画賞をダブル受賞した作品をまとめました。いずれも社名を冠する漫画賞のため他社作は受賞しにくいのですが、その傾向を跳ねのけて受賞した他社作はやはり少なかったです。

ちなみに他に2回2位を取った作品は「乙嫁語り」しかありません。こちらは3度目の正直で大賞受賞しましたが、刊行ペースで明暗分かれた感があります。

3回ノミネート作品

作品1回目ノミネート2回目ノミネート3回目ノミネートラストチャンス
アイアムアヒーロー第3回 4位 55P第4回 3位 51P第5回 8位 40P第5回
僕だけがいない街第7回 2位 82P
( 12P差 )
第8回 4位 57P第9回 4位 55P第10回
波よ聞いてくれ第9回 6位 43位第10回 5位 48P第13回 4位 57P第14回
ゴールデンゴールド第10回 7位 42P第11回 12位 13P第12回 12位 22P第14回
女の園の星第14回 7位 57P第15回 4位 63P第16回 3位 65Pまだチャンスあり

リベンジ受賞を逃した3回ノミネート作品はグッと数を減らして全4作品のみ。そのうち2位を取ったのは「僕だけがいない街」のみでした。

個人的に面白いと思ったのは、3回にわたって徐々に順位を上げている「波よ聞いてくれ」と「女の園の星」

8巻までの作品が選考対象ということで、マンガ大賞は最初のインパクトが重視されがちです。

何度もノミネートするうちに徐々に順位を下げてしまう作品が多いのですが、「波よ聞いてくれ」と「女の園の星」の推移は面白いです。

4回ノミネート作品

作品1回目ノミネート2回目ノミネート3回目ノミネート4回目ノミネートラストチャンス
ダンジョン飯第9回 2位 78P
( 13P差 )
第10回 3位 63P第11回 4位 52P第12回 11位 23P第13回

唯一4回ノミネートして大賞を逃し続けたのが「ダンジョン飯」。特に初回ノミネートは2位で惜しかったのですが、以降も3位・4位と大賞ニアミスを続けています。

そもそも刊行ペースが遅めの作品でないと4回も候補になれないわけで、その間選考員の熱が冷めずずっと評価され続けるというのがスゴイです。

一番惜しかったのは「宇宙兄弟」と「ダンジョン飯」

複数回ノミネートして大賞を逃し続けた ( 続けている ) 作品は全21作品でした。

その中でも特に、

  • たった2回のチャンスいずれも2位だった「宇宙兄弟」
  • 4回もノミネートして2位も取った「ダンジョン飯」

この2作品こそが、マンガ大賞受賞作に隠れた一番「惜しい作品」たちと言えるのではないでしょうか。

大賞受賞作だけに注目するのではなく、こういう作品も広く読まれていってほしいと思います。

以上です!

あわせて読みたい
このブログのオススメ記事まとめ 本ブログのオススメ記事をまとめました。どれかの記事が検索に引っかかってお越しになった方々に、他の記事にも興味を持っていただくきっかけになってくれれば嬉しいです。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次